沖縄 西表島のマングローブ釣りならお任せください。ルアー、シュノーケリング、ワンオーシャン、ONE OCEAN

Mangrove Game

【マングローブゲーム】
西表島の周囲には大小合わせ30本以上の川が流れ、その河口にはマングローブが広がっています。国内のマングローブの70%が西表島に生息しています。
そのマングローブの川にはルアーやフライで狙えるフィッシュイーターが多く生息し、アングラーを楽しませてくれます。
狙い方はとにかくマングローブの木の根元をピンポイントに狙う事です!!
キャスティングのアキュラシー(正確さ)が釣果を左右しますのでキャスティングに自信のある方に おすすめです。

★主な対象魚★

<ゴマフエダイ(マングローブジャック)>
この魚は河口の岩盤やマングローブの根本に生息し、トップウォーターに反応がよくトップに出た時の迫力は凄まじいです。
インディーズ系トップルアーにも反応が良いので、トップ好きアングラーには大人気の魚です。




<ナンヨウチヌ> 
西表島にはナンヨウチヌ・ミナミクロダイ・キチヌと3種類いるが、川の中ではほぼナンヨウチヌが釣れます。
生息域は広く河口から上流の淡水域まで生息しています。
ポイントはやはり木の根元や岩盤だが、潮が引いた流芯などを回遊しているので比較的狙いやすいポイントもあります。
チヌは口が小さいのであまりルアーサイズを上げるとフッキングしづらいので、小さ目がお勧めです。




<パシフィックターポン(イセゴイ)>
パシフィックターポンはコスタリカなどに生息するターポンほど大きくならず
マングローブで釣れるのは60cmぐらいが最大です。
このターポンが釣れるポイントはほとんど決まっていて、潮が引いた深場のポイントです。
満潮時は回遊していて、海と川の中流を行き来していると思われます。
ルアーでもフライでも狙え、ヒット後のジャンプでフックアウトが多い、スリリングな魚です。



★カヌーでの狙い方★
3人乗りカナディアンカヌーにエレキモーターを取り付け、マングローブに入ります。
ガイドが後ろでエレキを操作しますので、お客様はカヌーを漕ぐ必要はありません。
お客様が2名以上の場合はもう一艇のカナディアンカヌーを引っ張りながら釣りをします。
(最大5名まで)
基本的に座ってのキャスティングになります。


★ルアータックル★
座っての釣りになる為、ロッドは短めの4,5f~5fがお勧めです。
スピニングでもベイトでもどちらでも良いですが、ピンポイントキャストでサミングのしやすいベイトタックルがお勧めです。
しかし、小さいルアーを投げる場合は、スピニングが有利なので、ワンセットづつあればOKです。


--タックル紹介--
ロッド 4,5f~5f
リール スピニング1500番・2000番 ベイト100番・200番
ライン PE1号~1.5号
リーダー 12ポンド~20ポンド
ルアー トップウォーター 6cm~9cm  ミノー 5cm~8cm


★フライタックル★


ロッドはアキュラシーを重視し8f以下で6番前後のバットパワーのしっかりロッドがお勧めです。
リールはクリップタイプドラグ、ラインはフローティングだけでも十分楽しめます。
フライはファームポッパーやバスバグなどのトップ系が楽しいです。
もちろんチャーリー系などでも良く釣れます。
大事なのはフライサイズよりフックサイズを大きくしすぎないようにする事です。


Mangroveコース料金

コース・レンタル ポイント 料金
(税込)
カヌーチャーター(2名まで7時間) - ¥36,000
お一人様追加 - ¥10,500
※予約可能日:ご予定日の半年前から予約可能